弘和建設の技術

事業内容
事業内容
弘和建設の技術 加古川市

匠の技、そして「パルテム工法」や「パラボラ工法」など、弘和建設の技術をご紹介します。

1.匠集団、弘和建設。

弘和建設は、卓越した技術を持つ建設業のプロ職人集団です。
特にオペレーターの卓越した腕は、まさに匠の技です。

高砂市内 池改修工事
高御位山(高砂市)の南側最短池に位置し、豪雨で濁流が有った時には この阿弥陀大池で堰止める重要な堤防です。

2.パルテム工法

パルテム工法

パルテム工法とは、地下に埋設された下水道、水道、ガス、農業用水、通信、電力などの管路を
掘り起こすことなく補修する「非開削工法」で、より経済的、又短期間で老朽管を更生(補修)する工法です。
弘和建設は、パルテム技術協会の会員であり、加古川市内において施工の実績もあります。

パルテム主要工法
-------------------------------------
ホースライニング工法
パルテムSZ工法
パルテム・フローリング工法
パルテムHL工法
パルテム・フレップ工法

>>パルテム技術協会のHPへ
http://www.paltem.jp/

 

3.パラボラ工法

パラボラ工法

パラボラ工法とは、円形球面切断によるマンホール鉄蓋維持修繕工法です。
老朽あるいはガタついた道路上の鉄蓋の取替えを舗装を円球状の切断により上部からの力を分散させ、
補修面との一体化がより可能になり、より経済的、又短期間で施工できる工法です。
弘和建設はパラボラ工法協会の加古川地区代理店として、多くの施工実績があります。

>>全国パラボラ工法協会のHPへ
http://www.parabola-system.jp/